ストロベリー

2013.02.15

ジョージアンハウスではお打ち合わせのお客様には紅茶でおもてなし

お召し上がりいただくお茶にも季節を感じていただきたくて

月変わりで紅茶の茶葉をリフレッシュしてます


そもそも美味しい紅茶とは... 

なんて言うとムズかそうですが

ポイントはいたってシンプル

□ お湯は沸騰させる
 
□ カップ&ティーポットは温める

□ 時間通りしっかり蒸らす

□ 自信をもって淹れる♪


茶_P.jpg


あとはおすきな茶葉やカップを選んで

気分とシチュエーションを楽しみたいものです


茶葉の提供は紅茶専門店リバティーさんから

今月は薫り高いストロベリー

いまから3月が楽しみです

語り継ぐ

2013.02.09

今夜はスタッフの研修会を

ウエディングデイには100人以上のスタッフがおもてなししていますから

インフォメーション アテンダー チャーチアテンダー ドアマン

バンケットアシスタント MC PA ピアニスト

ポジションは違えど お客様からは同じスタッフ

同じスピリットをもって おもてなしするために


まずはみんなでストーリー 3つの教会物語 を共有して


スピーカーはなんとオーナー自ら

セミナー・オーナー_R.jpg

ジョージアンハウスができた背景や経過 何より情熱を教えていただきました

本当に人をもてなすということの意味 感動を与えるということへの覚悟を

改めて学びました

みんな瞬きをするのも忘れるくらい

自分の人生にとっても 大切なモノを感じながら


研修の最後に すでに6800組の誓いが取り交わされた礼拝堂で

パイプオルガンの音色を聴きながら

オーナーがアメイジンググレースという曲のつくられた物語を語ってくれて

パイプ・オーナー_R.jpg


こんな幸せな場所に携われることにみんな感謝して

この気持ちを ここに訪れるすべての人に届けて

これからもここに携わるすべての人に 語り継がれていきますように


思いを込めたカードを贈ろう!!!

2013.02.04

みなさんこんにちは。プランナーの田村です。
2月に入りいよいよバレンタインデーの季節がやって参りました。

今年はみなさんどんな思いを込めてチョコレートを贈るのでしょうか??

実はチョコレートを贈って思いを伝えるのは日本ならではの文化なんです。

イギリスのバレンタインは男性から女性にひそかな思いを伝える日として情熱的なカードで愛を伝えるそうです。
しかもカードには自分の名前は書かず、こっそり贈る。
受け取った人が誰からの贈り物なのか想像し、それを楽しむ
そんなバレンタインの過ごし方をするそうです。
なんだかおしゃれですよね。

日本の文化にどっぷり浸かってしまっている私にとって、イギリスのバレンタイン事情はとっても魅力的でした。笑

そんな思いもあり、2月11日開催
ロイヤルクレストハウスのパーティ体験&ウエディングメニュー試食会では
イギリスのバレンタイン事情を盛り込んだコーディネートで会場を
彩ってみようと思っております。
この試食会に参加してくださった男性に、
今年はカード贈ってみようかな、と思わせるのが裏テーマでしょうか笑

2月11日試食会320.jpg

このカードたちも会場のどこかに飾られる予定です。
ぜひご来館いただきこのカードたちを探してみてくださいね♪

何よりもブリティッシュタウンおすすめのお料理
シェフが心を込めて創ります 春の新メニュー
ぜひ堪能しにいらして下さい。
その他楽しんでいただける進行も考えておりますよ♪
まだまだ予約受付中です。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。


PAGE TOP▲